妊娠糖尿病 症状 原因

スポンサードリンク

  • LINEで送る

糖尿病の中でも、妊娠中にのみ発症するという妊娠糖尿病と言われる病型があります。

主な症状としては、妊娠中に限定して血糖値が異常を起こしてしまうというものです。
ですが、出産後には通常の数値に戻ることが特徴になっています。

近年では俗にいう高齢出産の方も増えたため、妊娠糖尿病を発症する方も増えているという報告もありますので、該当する方は要注意ですね。

では具体的にどのような症状や原因があるのでしょうか?
もう少し詳しく見ていきましょう。

 

妊娠糖尿病の症状

  • 血糖値が異常な数値を記録し、高血糖状態になる
  • 初期症状や自覚症状はない

やはり、基本的には初期症状や自覚症状には乏しいのが現実です。

糖尿病の進行度合いが強いと、

  • 異様にのどが渇いて水分摂取量が増える
  • トイレに行く回数(排尿の回数)が増加

などという症状が現れることがありますが、これは相当病気が進行してからということになります。

 

妊娠糖尿病の原因

妊娠中は特定のホルモンの増加によって、糖に対する耐性が悪化してしまうことが原因です。

ちなみに、もともと糖尿病を患っている場合には、糖尿病合併妊娠という扱いになるはずですが、実際のところ、出産後も元に戻らない症例もあるためいちがいには無関係であるとも言い切れない部分もあるのは確かです。

この場合は、糖尿病の資質がもともとあった、ということになるのかもしれません。

妊娠糖尿病を発症した時点で、発症しない方に比べて将来ほかの病型の糖尿病を発症してしまう可能性が非常に高い体質であると認識しておきましょう。

 

妊娠糖尿病の治療

基本的には他の糖尿病と同じく、食事療法、運動療法が実施されます。

それで改善しない場合は、胎児への影響の少ないインスリン製剤の投与が行われる場合もあります。
飲み薬などは胎児への影響が大きいため、極力使われないというのが一般的です。

  • LINEで送る

スポンサードリンク

 

メインメニュー、更新情報はこちらから

メインメニューボタン

更新情報ボタン

このページの先頭へ