糖尿病の病型と発症する要因

スポンサードリンク

  • LINEで送る

糖尿病と一口で言っても、実は様々なタイプがあります。

糖尿病には大きく分けて4つのタイプがあり、それぞれを糖尿病の病型として分類されています。

ここでは、その4つの病型とそれぞれの発症する要因や成因となるものや特徴などを、簡単にまとめてみます。

 

1型糖尿病
  • β細胞の破壊により、大抵はインスリンの絶対量の不足が起こる病型
  • 突発性タイプがある
  • 自己免疫性タイプがある
  • 詳細はこちらから⇒1型糖尿病とは?症状と原因
2型糖尿病
  • 遺伝的因子、生活習慣の不摂生などによって起こる病型(後天性あり)
  • インスリンに関しては、分泌量が低下する、抵抗性が強く効きづらい体質になる、必要量に対しての不足が起こる
  • 詳細はこちらから⇒2型糖尿病とは?原因
その他特定の機序、疾患によるもの
  • 遺伝子異常が遺伝として受け継がれた場合に発症(先天性あり)
  • 他の条件や疾患を伴うもの
    ・内分泌疾患
    ・膵外分泌疾患
    ・肝疾患
    ・薬剤、化学物質によるもの
    ・感染症
    ・免疫機序によるまれな病態
    ・その他の遺伝的症候群で糖尿病を伴うことが多いもの
  • 詳細はこちらから⇒その他特定の機序、疾患によるもの
妊娠糖尿病

このように大きく分けると4種類の病型がありますが、一般的に生活習慣病と呼ばれているものは、2型糖尿病のことを指している場合が多いのです。生活習慣の不摂生などでメタボリック症候群だと言われたり糖尿病予備軍と言われた方は、2型糖尿病の危険性がありますので、ただちに生活習慣の改善をしていくべきでしょう。

糖尿病と診断された方は、まずご自分がどの病型の糖尿病であるかを知り、その病型に合った治療、対策を考えていくことが大事です。

病型によって微妙に異なる治療方法などもありますので、そういったことにも十分に注意していくべきでしょう。

  • LINEで送る

スポンサードリンク

 

メインメニュー、更新情報はこちらから

メインメニューボタン

更新情報ボタン

このページの先頭へ