糖尿病 治療 薬物療法の今

スポンサードリンク

  • LINEで送る

糖尿病の治療方法の基本のひとつである薬物療法について紹介します。

薬物療法とは、食事療法などでの血糖値の改善が見られない場合に、血糖値を下げる効果のある飲み薬やインスリン製剤を投与して物理的に強制的に血糖値の改善をすることを狙って行われる治療方法です。

従来であれば、初期の糖尿病の症状が発見された場合に行われることは少なかったかと思いますが、時代の流れと共に少しばかり事情が変わってきているようです。

 

インスリン製剤の投与が最終手段・・・ではなくなってきている

一昔前の糖尿病の治療において、患者さん自らによるインスリン製剤の投与は病状が進行してしまい飲み薬では対処しきれない場合の最終手段的な方法という見方が主流でした。

ですが現代の最新医療の場では、発症初期からある程度積極的にインスリンの投与による治療を行う医師も増えてきています。

飲み薬で対処することももちろん多いのですが、早期のうちからインスリンを分泌する膵臓を休ませ自己の分泌機能の回復が見込める場合があることがわかってきています。

それを狙って早期からのインスリンを投与するのです。

 

薬物療法のこれから

最新の医療技術と研究によって、様々な新製剤、効果のある薬の開発や研究が続いています。

再生医療の技術や、インスリンの錠剤化など、開発が進められている新技術の発達によってはこの薬物療法の位置づけは変わってくることでしょう。

外科手術での治療、簡易化した新薬などで、数年後には別の治療方法が確立される可能性もまだまだ秘めています。

こうした新しいものにも十分なアンテナを張り巡らせておき、病気の改善につながるチャンスをよくチェックしておくことも大事かもしれませんね。

  • LINEで送る

スポンサードリンク

 

メインメニュー、更新情報はこちらから

メインメニューボタン

更新情報ボタン

このページの先頭へ