糖尿病 治療 運動療法

スポンサードリンク

  • LINEで送る

糖尿病の治療方法のひとつに運動療法があります。

糖尿病における運動療法とはどのようなものなのでしょうか?
初期の頃から実践することで、体質を改善していく可能性を秘めたこの治療法についての基礎知識を学んでいきましょう。

ここではそのやり方や効果などの基本的なことを紹介していきます。

 

運動療法とは?

糖尿病は生活習慣の不摂生や乱れなどを発症の要因とするケースがあります。
そんなタイプの糖尿病であればなおさらですか、運動不足がそのもとになる場合も少なくありません。

特に初期の頃の2型糖尿病などであれば、この運動療法は必須ともいえる治療方法です。

 

運動療法の進め方

運動療法は、適度な運動を計画的に習慣的に実践する治療方法です。

例えば以下のようなことを目標に実践していきます。

  • 最低30分程度の継続的な運動
    例えば、散歩・低速でのマラソン・腹筋・サイクリングなど、激しく運動するのではなく長い時間をかけるが基本的に休まず継続できる運動をする。
    30分というのは、脂肪が燃焼されるまでに約15分程度の運動が必要とされていて、そこから15分程度の運動が望ましいとされているためです。
  • 激しい運動である必要はない
    糖尿病において運動療法で目指すところは、脂肪の燃焼、糖代謝の活性化が重要であるため激しい運動が必要なのではないので無理をする必要はありません。
  • 生活の一部として習慣づける
    この点がなかなかうまくいかないポイントでもありますが、たった1度や2度ではなく、毎日習慣的に続けられることが大事です。そうすることで、体質の改善が進み、代謝異常や能力が身に付きます。

こうしたことに注意しつつ、習慣的で継続的な運動を実践していくことになります。

実際に糖尿病と診断されて運動療法を指導されることがあるかと思いますが、その際には医師や指導医の指示に従った方法を守ってください。

また、慢性期の糖尿病患者さんの場合には、運動療法が制限されたり行われない場合もありますので必ず確認を取ってから実践していきましょう。

  • LINEで送る

スポンサードリンク

 

メインメニュー、更新情報はこちらから

メインメニューボタン

更新情報ボタン

このページの先頭へ