糖尿病 初期症状 食事とメタボリックシンドローム

スポンサードリンク

  • LINEで送る

糖尿病の初期症状や食事のことを考えるときに、ぜひ知っておきたい関連したワードというものが結構いくつもあります。

そのなかでもメタボリックシンドロームは、糖尿病と密接な関係のある言葉だといえます。

初期の頃の症状であれば食事と運動で体質は十分に変えていけるので、病気の進行や症状を改善したい場合にはこうした関連したことを学んでおくことも大事なことかと思います。

 

メタボリックシンドローム【メタボリック症候群】

メタボリックシンドロームと呼ばれる対象

  • 内臓脂肪が溜まった肥満タイプの方(これがベース)
  • 血糖値高めの方
  • 血圧高めの方
  • コレステロールや中性脂肪の値に異常がある方

まず内臓脂肪が蓄積した肥満タイプの方をベースに、その下に続く血糖値、血圧、コレステロールのいずれか2つが異常を示している状態の方をメタボリックシンドロームといいます。

近年の健康診断ではこの状態をチェックされますので、もうご存知の方も多い言葉だと思います。

この状態の怖いところは、血糖値、血圧、コレステロールそれぞれが軽い異常だとしても、それぞれの異常が重なったときに負の相乗効果を生むところです。

糖尿病予備軍と言われてしまう典型的な例であるこのメタボリックシンドロームは、糖尿病の“芽”のようなものです。

逆の意味で言えばこれを防いだり改善したりすることは、糖尿病の発症を予防するためには大きな武器にもなり得るということです。

これはもちろん生活習慣型の糖尿病をはじめ、各種の代表的な生活習慣病を発症する大きな要因になりますので、こうした状態にならないように日々の生活を改善していく必要があるのです。

 

メタボを防ぐには、まず食事から

メタボの大きな要因のひとつを担っているのは、やはり日々の食事だと言えます。

運動不足やそのほかの要因ももちろんありますが、身近で改善しやすく生きていくためには必ず必要なことが毎日の食事であることは間違いないわけですから、まずは食事の改善をしていくべきかと思います。

糖尿病の初期症状を防ぎ、メタボを防ぐ食事は、まさに糖尿病の食事療法で食べる糖尿病食のような健康食かと思いますので、ぜひ見直してみてください。

  • LINEで送る

スポンサードリンク

 

メインメニュー、更新情報はこちらから

メインメニューボタン

更新情報ボタン

このページの先頭へ