GLP-1受容体作動薬 インクレチン関連薬の新薬が発売

スポンサードリンク

  • LINEで送る

リキスミア

サノフィ株式会社様より、GLP-1受容体作動薬として2型糖尿病治療薬が発売されました。

「リキスミア(R)」(一般名:リキシセナチド)という名前の新薬だそうです。

(画像の出典:サノフィ株式会社 プレスリリース)

サノフィ株式会社 ホームページ
http://www.sanofi.co.jp/l/jp/ja/index.jsp

この新薬はGLP-1受容体作動薬、つまりインクレチン関連薬にあたります。

日本で初めて基礎インスリンと併用することができる薬であることが大きな特徴ですね。

GLP-1受容体作動薬というのは、インスリン製剤と併せて使用することで、互いの特性を活かしたまま良好なHbA1cコントロールが可能となるというものです。

これを使用するには「他の治療で効果が出ない場合に限る」という条件がつきます。

 

使用されるための注意事項

食事療法や運動療法と併せて以下の治療のいずれかを行っても効果がない場合にのみ使用されるようですね。

  • スルホニルウレア剤(ビグアナイド系薬剤との併用を含む)を使用した治療をしても効果がない
  • 持効型溶解インスリンまたは中間型インスリン製剤(スルホニルウレア剤との併用を含む)を使用した治療をしても効果がない

つまり、「全ての2型糖尿病患者の方に適用されるわけではない」ということのようです。

 

GLP-1とは?

食事をする際に小腸から分泌されるホルモンにインクレチンがありますが、このホルモンにはインスリンの分泌を促進する働きがあります。

インクレチンには、GIP(グルコース依存性インスリン分泌刺激 ポリペプチド)と、GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)があり、その一つであるGLP-1が2型糖尿病に効能・効果があるということがわかってきています。

GLP-1は、高血糖の場合にのみインスリンを分泌させるという特徴があります。

確かに全ての患者さんに適用できないにしても、この新薬が発売されたことによって日本中の2型糖尿病に苦しむ方々に新たな治療方法の選択肢が増えたことは間違いありません。

日々進歩する糖尿病治療の技術革新から目が離せませんね。現役の2型糖尿病患者として、さらに素晴らしい進歩を期待しています。

  • LINEで送る

スポンサードリンク

 

メインメニュー、更新情報はこちらから

メインメニューボタン

更新情報ボタン

このページの先頭へ