食品交換表 表6 野菜 海藻 きのこ こんにゃく について

スポンサードリンク

  • LINEで送る

糖尿病の食事療法をスムーズに実践するための食品交換表について紹介していますが、このページでは表6の食品、野菜・海藻・きのこ・こんにゃくなどについて述べていきます。

食品の中でもかなり重要な役割を持つものともいえますので、よく覚えておくべきでしょう。

 

食品交換表 表6の構成

表6の構成 食品の具体例
緑黄色野菜
  • グリーンアスパラガス
  • おくら
  • クレソン
  • ケール
  • 小松菜
  • さやえんどう
  • 春菊
  • トマト
  • ほうれん草
  • にんじん
  • ピーマン
  • モロヘイヤ
  • 三つ葉 ほか多数
淡色野菜
  • 枝豆
  • キャベツ
  • きゅうり
  • ごぼう
  • 大根
  • 玉ねぎ
  • なす
  • 白菜
  • セロリ
  • みょうが ほか多数
海藻
  • のり
  • ひじき
  • ところてん
  • もずく
  • わかめ
  • 昆布 ほか
きのこ
  • えのき
  • エリンギ
  • しいたけ
  • なめこ
  • しめじ
  • マッシュルーム ほか
こんにゃく
  • こんにゃく
  • 糸こんにゃく
  • しらたき ほか

野菜・海草・きのこなどは種類も豊富なため、全てを紹介することはできませんが、おおむね上記のような食品のことを指します。

注意が必要なのは、かぼちゃれんこんとうもろこしといった一見野菜に含まれる食品です。
これらは少量ならば野菜として捉えても構いませんが、ある程度の量を食べる場合には表1の炭水化物が主役の食品としてカウントする必要があることです。

 

表6の食品の特徴

  • ビタミン・ミネラル・食物繊維を主成分とする食品である
  • 野菜は様々な種類を合わせて300gで1単位とされており、指示エネルギーがどれだけでも、1日1単位分以上摂取することが推奨されている
  • 野菜1単位のうち、3分の1は緑黄色野菜で摂取することが望ましく、種類も偏らせないよう配慮することが大事である
  • 特定の野菜は表1の分類とすることがある
  • 海藻・きのこ・こんにゃくは低カロリーなため、基本的にカロリー計算に含めなくてもよい
  • 表6の食品1単位あたりの栄養素の平均含有量は、炭水化物14g、たんぱく質4g、脂質1gとみなされる

また、緑黄色野菜はビタミン・カロテン・食物繊維とともに、カルシウムや鉄分も多く含むので、この1単位の3分の1、つまり100gほどは緑黄色野菜で摂取することが理想です。

1単位の野菜を食べることは意外にも簡単です。

ただ、野菜ならどんな食べ方でもよいわけではなく、塩分を控えることも忘れてはいけません。

  • LINEで送る

スポンサードリンク

 

メインメニュー、更新情報はこちらから

メインメニューボタン

更新情報ボタン

このページの先頭へ