糖尿病の合併症とは?

スポンサードリンク

  • LINEで送る

糖尿病といえば、初期症状と呼ばれる症状の多くが合併症の症状である可能性が高い病気です。

合併症とは、書いて字のごとく病気に合わせて二次的に起こる病気のことをいいますが、糖尿病の場合は、糖尿病そのものよりもこの合併症のほうが怖いのです。

ここでは、糖尿病の合併症に関する代表的な病気とその基礎を紹介していきます。

 

糖尿病といえば三大合併症

糖尿病といえば三大合併症として知られている代表的な合併症があります。

  • 糖尿病網膜症・・・・・目に起きる合併症
  • 糖尿病性腎症・・・・・腎臓に起きる合併症
  • 糖尿病性神経障害・・・末端の神経障害を起こす合併症(足などから始まることが多い)

この3種類を指して三大合併症と呼んでいて、糖尿病を発症した場合にまず何をおいても発症を抑えるべき病気だといえます。

こられ3つのうちどれでも治療せずに放置すると、最終的には生活にかかわる重大な障害を生む可能性があるからです。

合併症は、実はこれらと深く関係しているケースが多いと言われています。

 

その他の代表的な合併症

合併症は三大合併症ばかりではなく、代表的なものに動脈硬化があります。

動脈硬化は血管合併症のひとつですが、さらにほかの重篤な病気の引き金になる可能性を秘めていますので、特に注意が必要な症状だといえます。

 

大血管合併症

糖尿病を発症してしまうと大血管合併症を併発する可能性が格段に上がると言われています。
この大血管合併症は、以下の3種が代表的です。

  • 心筋梗塞や狭心症(虚血性心疾患)
  • 脳梗塞
  • 動脈硬化症

心筋梗塞や脳卒中などはその病気自体が重篤な病気ですが、それらも全て糖尿病と密接に関係しているのです。

糖尿病が基本的に血管の病気と呼ばれるのはこうしたことからもわかるでしょう。

 

皮膚に起きる合併症

糖尿病 初期症状 皮膚のところでも紹介していますが、様々な皮膚疾患を併発することがあります。

 

足に起きる合併症

糖尿病 初期症状 足のところでも書きましたが、爪や皮膚を含む様々な疾患もあります。

 

傷の治りが遅くなる

糖尿病を発症している場合、健常な方と比べると明らかに傷口の治りが遅くなります。

 

免疫機能の低下や異常

傷が治りにくいことにも関係ありますが、感染症にかかりやすくなるなどの免疫能力が低下します。

つまり、病気にかかりやすくなってしまうということです。

 

がっくし

後悔先に立たずといいます。

そうならないためにも合併症は防いでいきましょう。
糖尿病だけなら、食事をコントロールして、運動を管理して、日々の生活習慣をうまく改善できれば、それほど怖い病気ではないのです。

合併症の予防に努めましょう。

  • LINEで送る

スポンサードリンク

 

メインメニュー、更新情報はこちらから

メインメニューボタン

更新情報ボタン

このページの先頭へ